【喫茶】名古屋市港区 マラガ

名古屋市
DSC_9710

続けて港区で恐縮だが、ここは是非紹介しておきたい。先の『姉妹』さんの最寄駅、地下鉄築地口駅から二駅戻った東海道駅、出口の隣という絶好の立地に『マラガ』さんがある。

しかも向かいはバス停

人通りの多いのを考慮しての事だろうか、開店中でも窓のカーテンは閉まっている。戦前のカフェーはむやみに店内が見えないようにして高級感を演出したというが、このお店は至って庶民向け。誰でも受け入れてくれる町の喫茶店だ。

店内は正月仕様

十五人ほども入ると一杯のコンパクトな店だが、壁に貼られたコーヒーチケットの量に驚かされる。つまり毎日のように訪れる常連客がそれだけ沢山居るということだ。

スペイン的?

屋号はスペインの町の名前にちなむ。創業40年でママさんは「こんな古い店」と謙遜するが、40年続くというのはそれだけの価値があったからに他ならない。本当のこんな店はすぐに潰れてしまう。
それを証拠に午後の比較的ヒマはずの時間帯に1時間ほどいただけなのに、数人の常連らしきお客さんが出入りしていた。
土曜が休みの代わりに日曜営業というのも良い。日曜に喫茶店を探そうと思うと苦労する。そんな時に駅近くにこういう素敵なお店が開いているというのは物凄く心強い。

どれもお手頃価格
古くからの店は冷たい飲み物に凝るのだ
分厚い

ボックス席に座って紅茶と小倉サンドを注文すると、これまた分厚いサンドイッチが出てくる。
東海地方以外でも近頃は出す店があるそうだが、こんがり焼いたパンとあんこが実によく合うのだ。

マッチも頂けた。お店同様派手さはないが、いかにも昔の町の喫茶店という風情の簡素で品があるデザインだ。古き良きという言葉がぴったりのお店だ。

喫茶 マラガ
営業時間:6:30~19:00
土曜定休
(2019年1月訪問)

コメント