【喫茶】名古屋市千種区 ひふみ

千種区

良い喫茶店には二種類ある。うちは良い店だろうと自信を持って構えている店と、そんな自覚はなく気が付いたら良い店に仕上がっている場合と二通りだ。この「ひふみ」さんは典型的後者のパターンだ。

名古屋第二の繁華街、今池のど真ん中にある店だ。昔に比べればこの界隈も随分喫茶店が減ったと人は言うが、それでもこういう店が一等地に生き残っている。

近所の他の喫茶店の店主は「細長い店」とこの店を評した。間口は3メートル程度だが、奥行きは10メートルはある。つまり広い店で2,30人は入る。人の居ない時間帯を狙って写真を撮らせてもらったが、好立地も相まってひっきりなしにお客さんが出入りしている。

この店はこの界隈ではおそらく一番古い。だが無自覚型の良い店の店主は一様に謙虚で、「ひふみ」さんのママさんも半世紀近く守ってきた店を「こんな店」と言う。逆説的な話だが、こういう謙虚さが店を生き長らえさせる。そうこうするうちに年月が経ち、創業当時はごく平凡だったはずの喫茶店が得難い老舗に進化する。

メニューもいい具合に揃っている。ふらりと待ち合わせに入ってよし、食事に入ってもよし。駅の側という好立地を心得ている。

マッチもあった。こんな店などと言うのはとんでもない洒落たデザインだ。電話番号も手描きというのはかなりの年代物だ。「こんな古いの」とママさんは言ったが、一般にマッチ収集家は古い程嬉しいのだ。

気球が飛ぶように、屋号の通り一目上がりに「ひふみ」さんは少しずつ良い店に進化していった。次訪れるときにはもっと良い店になっているはず。

喫茶 ひふみ
営業時間:7:00~17:00
水曜日、第二、第四、第五火曜日定休
(2019年1月訪問)

コメント