【喫茶】愛知県刈谷市 チュール

喫茶店
わざわざネオンを点けてくださった

工業の町刈谷。最近は名古屋のベッドタウンとして発展しつつあるが、昔は本当に何もない所だったという。『チュール』さんはそんな昔からある。

一歩店に入ればこれは、とわかる。ここは並の店ではない。聞けば何度かテレビの取材も入っているというから名店も名店だ。

私が注目したのは天井だ。間接照明がいいというマスターたっての希望で作られた逸品。これは手間がかかっている。

今年で40年目というから、この一帯では指折りの老舗だ。『チュール』というのはフランス語で”大樹”という意味。大樹の下のように人が集まる場所になって欲しいという願いが込められている。名前に違わず店内には緑とコーヒーチケットが一杯だ。

メニューも充実しているが、とりわけ甘味に力が入っている。一回着たくらいではこの店は味わいつくせないのだ。

生憎寒く、遅めの昼食の後だったので注文したのは無難なケーキセット。それでもケーキにフルーツがつくあたりが心憎い。

マッチも探してくださった。営業時間が昔は随分長かったのだ。駅からは遠いが、この一帯は他にも良い喫茶店が揃っている。喫茶店愛好家は訪れる価値のある場所だ。

喫茶 チュール
営業時間:8:00~17:00
火曜、第4月曜定休
(2019年2月訪問)

コメント