【自決宣言】お礼とお知らせ

未分類
DSC_0015.JPG

 まずは本日木馬亭定席にお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。こんな形ですがやっと木馬亭の檜舞台を踏むことができ、どこか肩の荷が下りた思いです。

 そして、考えるところあり、今日限り天中軒晴月の名前を先生に返して一門を離れることを決意したことをこの場で報告させていただきます。

 思えば正式に浪曲師として入門して一年と少し。皆様の声援のもと高座に上がる事は何にも代えがたい喜びであり、楽しいこともありましたが、同時に心身の疲労、経済的困窮、将来への不安、焦り、その他およそ皆様が芸人の修行と聞いて想像するような苦しみもまた一通りありました。

 名前を返す事はある意味芸人としての自殺です。周囲の皆様の説得もあって一度は踏みとどまりましたが、それでも大勢は変わりません。

 その上コロナの騒動です。仕事は軒並み中止か延期。記念すべき木馬亭の初高座さえこんな形になってしまいました。今後コロナによる自粛はますます厳しくなるでしょう。次に高座に上がれる機会はいつになるかも分かりません。

 しかし、弟子である以上先生が上京してくれば身の周りのお世話をしなければいけません。もう耐えれません。結局最後は自分で考えてこうすることに決めました。自決とはそういうことです。

 短い間でしたが、お客様、諸先輩方、各会の主催者様、そして何より今日出番を譲って下さった景友兄さん、本当にお世話になりました。

 もっとも、天中軒晴月はこれ限りですが、別に私という人間は死ぬわけではありません。まだやりたい事も沢山ありますし、当面は今までと変わらず東京に住みます。皆様が下町の喫茶店に入ればあるいは私と出くわすこともあるでしょう。特に木馬亭のチラシが貼ってあったなら、そこは十中八九私の息のかかった店です。

 ブログも閉鎖しません。実はサーバ代やらなにやらでいくらかのお金がかかっているブログです。そもそもが喫茶店の訪問記を書く為に始めたブログでしたから、今後も自分の為に活用するつもりです。とりあえずお世話になったお店を紹介しようかとも思っています。
 皆様どうぞ今後とも浪曲と木馬亭をよろしくお願いいたします

コメント